6月4日(金)



今日起きたら、なぜかすでに2時45分。
4コマ目のドイツ語が始まる時間だ。それから出かける用意すれば、
授業の半分以上は出れたんだけど、大阪に行くのにちょうど都合がいいなぁ、
と思って、心斎橋のHMVとその他のレコ屋に行くことに決定。

阪急に乗って特急でゴトゴト、と40分くらいで梅田に到着。
乗っている時は、"レコードマップ'99"で店の場所と営業時間を確認。
でも、ソッコー終わっちゃって、雑誌かおべんきょうの本でも持ってくればよかったと後悔。

僕は何でも京都で済ませてしまうので、たまに大阪に来るとちょっとドキドキ。
なんか、ちょっと前にも1人で梅田に来たなぁ、とか思っていつだったか考えてると、
去年の暮れにZEPPであったコーネリライヴだったことを思い出す。
そんで、梅田で地下鉄御堂筋線に乗り換えて心斎橋へ。

心斎橋(アメ村があるとこ)なんて来ないから、
"うぁー、大きいビルがいっぱいだよー。"とか当たり前のことを思う。
しかも、ちょっと迷った。地図で探す。
そしたら、"そういえば、心斎橋にはハンズがあったなぁ。
行きたいけど、場所がよく分からん。"とか思って、ちょっとあきらめてたハンズを発見。
時間をくうかも、と思いつつ、やっぱり我慢できずにハンズに行った。

もう、やっぱハンズ最高!ここだったら、1日いてもあきないよ、とか思いつつ店内を物色。
僕が特にひかれたのは、ドラえもんに話しかけると、それをドラえもんが認識して、
チャンネルを買えてくれるやつ。あと、同じようなやつで、ドラえもんに呼びかけると、
返答をしてくれたり、時間を教えてくれたりする時計。
欲しかったけど、5980円と14800円もするし、こんなのを部屋においてる男は
イタイと思うので買おうとは思わなかった。
チョロQを見つけて、"買っちゃえよ。前から欲しかったんだろ。たった350円やん。"
って耳元でささやく悪魔のただじゅんと、"今プータローで金がないんだから、ガマンガマン"
って主張する天使のただじゅんが、カツオみたいに葛藤。
で、結局、天使のただじゅんが勝ったのデシタ。
ハンズでは、CD関係のものと、舌の汚れを取るカッカとかいうやつを購入。
そんで、アメ村の方へ。

アメ村に入る前に、OPA内のHMVでROUND TABLE NEWS2を探索。
なかなか見つからなくってあきらめかけたら、発見!まだ、めっちゃありました。
そこで、"そういえば、カジクンの新曲まだ買ってないぞー。"とか思いつつも、
生協で買ったら15%引きだし、と思い、シンバルズの先取り視聴をして出た。

アメ村にはあの有名なTIME BOMBにコニカモのCDを買いに行ったのだ。
なかなか場所がよく分からなかったけど、なんとか見つけて入ったら、
コニカモ発見。やっぱ他にもよさそうなCDがゴロゴロとしておりました。
コニカモのCDはジャケとそのケースに感激。こんなん始めて見た。(開けにくいけど)
それだけじゃ、なんだなぁ、と思ったけどお金がないので、
"sonicberry favour"ってゆー人たちの"CARPET E.P."ってカセットを
なんとなく購入。でも、まだ聴いてません。どんなんでしょね。

帰宅してから24時近くになって、おこちゃまみたいな声の人から電話がかかる。
結局、それから朝の6時近くまでずっと電話してた。
久々の長電話デシタ。


今日飲んだヘンなジュース:[laichi](三菱商事・左)
                 SAI(菜)(常盤薬品・右)
きくこ 
こんにちは。MLに混ぜてもらってます。
なんか、大学生の生活ぅ〜って感じでよいですね。
私が大学生だったころは、バイトと実習(医療系なもので)に明け暮れてました。
授業時間は貴重な睡眠時間と化してました(笑)
昨日、HiromixのセレクトのJazzのCDを買ってきて聴いてます。
彼女は大人だなぁ。


6月5日(土)

今日は昼頃に起きて、それから友達がやっている珍しいスポーツをしてきました。
その名もスポールブール。

たぶんこれを読んでる人で、このスポーツを知ってる人はいないと思うんだけど、
スポールブールってゆーのは、フランス生まれの球技で、
ボウリングやカーリングの原型になったスポーツらしい。
フランスではヒッジョーに人気があって、国技なんだって。

ま、カンタンにいうと、んー、印に近い方にブール(金属製のてのひらくらいの玉)
を近づけたほうのチームが勝ちっていうカンジ。
だから、カーリングの陸上版みたいなもんだな、本当に。
あー、やっぱ、うあまく説明できないや。
ココがその友達が作ってるスポールブールの会のページだから、
そっち見てもらったほうが早いかも。

このスポーツは日本では超マイナーだけど、
始めると何がいいかというと、すごく世界が近い、ってこと。
実際、ブールを始めて3ヶ月くらいの主婦たちが日本女子代表として、
世界大会に出場しちゃうくらいなのだ。
それに、スポールブールの協会があって、やろうと思い立ったら、
すごくその協会が支援してくれる。

僕の友達も、協会に問い合わせたら、道具を一式貸し出してくれて、
協会理事で元日本チャンピオンの岡本さんってひとたちに教えてもらってるもん。
その人、わざわざ千葉から教えに来てくれるんやで。
もちろん、今日も朝から夕方まで教えてくれて、
おまけにご飯もおごってくれて、いろいろとどうやって他の人たちに
アピールしていったらいいか、なんてことも教えてくれました。

こんなことは、他のスポーツじゃまずないっしょ。
まあ、大学でこのスポールブールをやってるのが僕たちだけみたいだし。(笑)

で、実際やってみてどうかというと、けっこうおもしろかった。
今はまだ、ブールをうまく投げる練習をどんどんしなければならない段階だけど、
うまくなってくれば、今度はカーリングみたいに、作戦とか駆け引きが
重要になってくるんだって。
なんか、おもしろそぅー。

ちょっと練習しよっかな。
興味ある人は、ゼヒいっしょにやりましょう。(おらんとは思うけど・笑)


6月6日(日)

今日はどこも行かないつもりだったけど、
青木(京大のアメフト部に入ってるクラスの友達)が試合帰りに電話かけてきて、
いっしょに晩ご飯食べようっていうので、食べることにした。

で、三条の方に食べに行ったら、服部と会ったので(コイツも総人の友達)、
ひきこんで、いっしょにご飯を食べることに決定。
で、かつくらの三条本店に行ったんだけど、並んでたので、
違うとこを探してるうちに、いつのまにか四条木屋町のかつ蔵の前。
で、そんなに混んでなかったので、ここに入った。

ここは、トンカツ屋なんだけど、
ご飯・みそ汁・キャベツ・漬物がおかわり自由という、素晴らしさ。
青木はトンカツの170gを、服部は120g(標準)、
僕はお腹がすいていないのとプータローだということを理由に、60gを注文。

でも、実際に食べ出すと、おかわり自由ということで、
キャベツもみそ汁も、ご飯(麦ご飯)もつけものも、ばくばく食いまくったんだな、これが。


6月7日(月)

今日も昼過ぎに起きて、3時限目に途中から出て、5限目までイチオウ出席。
そんで、家にケータイを忘れてたんで、それを取りに帰ってから、
友達といっしょにロッテリアへ。
普段、僕はファーストフードを食べないんだけど、今日は誘われたので行った。
カルビリヴと、とりからボール(今半額!)とウーロン茶のSを堪能。

そんで、京劇ドリームボウルへ。
今日はこれが目当てだったのだ。
なんか、ちょっと前に郵便受けに券が入ってて、
これを使うと、何ゲームやっても1人1000円という素晴らしさ。
そんで、3人でやりましたよ。
7時くらいから始めて、12時まで11ゲームも。(笑)

それでも、あとの2人はいつもより少ないらしく、
1週間に1回くらいのペースで、1日20ゲームとか30ゲームとかやるんだって。
普通はだいたい2、3ゲームでしょ。
僕も、今日は6ゲームくらいやったら、もう腕がつかれてきたっていうのに。
しかも、30ゲームやってもアベレージが150を超えてたというからスゴイ。
自他ともに認めるバカやん。

まだ、券が1枚あるから、来週までに誰かいっしょに行きましょ。(僕もこりないバカ)


6月9日(水)

5コマめの教職の授業を爆睡&読書(といっても米国音楽)で過ごしたあと、
ルネの1階(本、CD、パソコン、チケットセンターetc)に行って、
自主勉強会用の教科書を物色。
西村和雄の"入門ミクロ経済学"にケッテイ。

そのあと、克樹と渚と3人でルネの2階(食堂)でごはん。
僕は、ライスS、みそ汁、若布コーンサラダ、鯖のしょうが煮。
で、デザートとしてパフェを注文しに行ったら、
農学部の友達がバイトしてた。
ルネパフェはすっごい種類が多いんだけど、今は新パフェの投票期間中。
5つのお試しパフェのうち、2つが定番パフェとして採用される。
その5つとは、クッキー&クリームパフェ、アロエパフェ、
こんにゃくパフェ(こんにゃくゼリー入り)、ふわふわパフェ(マシュマロ入り)、
フルーフェ(フルーチェ入り)。
僕はアロエパフェにひかれたし、値段も他のパフェより50円ほど安かったので(250円)、
そのアロエパフェを友達に注文。

"おまけしてあげるよー"とか言ってたので、こんにゃくパフェにもひかれてた僕は、
"こんにゃくゼリーも入れといてよ―"とか言っといたら、
レジとか他の人にバレないように、こんにゃくゼリーが底の方に入ってた。
しかも、普通だと生クリームとかの占める割合が大きいのに、
めっちゃアロエもその他のフルーツも具沢山。
250円で、これはうれしすぎ!
(でも、内緒ねー)


6月11日(金)

今日は朝までコーネリアスのページを作ってて、徹夜したので、
そのまま学校に行こうと思って、遅れかけでめっちゃ急いで行ったのに、
2限目のその授業休講。
しょうがないから、ごはん買って食べて、そんで家に帰って、
4限目が始まるまで寝てた。

そしたら、夢見た。
なんかうちの母親(恵子・47歳)がアフロにするとか言い張って、
でも実際に出来あがった頭を見ると、クジャク。
めっちゃクジャクが羽を広げたみたいな髪で、中心が白で、
外の方(毛の先の方)がムラサキ。
小林幸子の衣装みたいな頭だった。
そこで目がさめる。

んで、学校に言って、ドイツ語の授業で後ろにいた友達にその話をすると、
「熱血島田塾って知っとる?」っていうので、知ってるって言うと、
あのテレビに出てくる、アフロをもっと広めようとしてる、
アフロ頭のやつが高校の同級生だって言ってた。
一浪して、今年東大に入ったらしい。

ちょっと前にも、ラウンドのMLの名前を"TEAM THE AFRO"にしようとかいう案があったけど、
その友達をゼヒラウンドのライヴに連れて行きたいと思った。

ドイツ語の授業が半分終わったとこで、僕がルーシーライヴに行くために、
教室を出ようとしたら、「どうした?」とか先生に話しかけられた。
さすがに「今から心斎橋までライヴに行くんで、帰ります。」とは言えず。

で、家にチャリ止めて、歩いて阪急河原町駅まで。
その途中で、風俗関係の店の前で、
「いらっしゃい、お兄ちゃん。」とかオッサンに声掛けられた。
僕はヘッドフォンをしたままムシ。
そんなんの声かけられたの、ハジメテのような気がするなぁー。
そんで、河原町から急行に乗って、途中待ち合わせてたこまぽんと出会って、
そしてそのまま梅田へ。
ネットの友達と会ったのは初めてだったので、ちょっと緊張。
ってゆーか、無事会えてよかった。

ルーシーライヴは予想以上に男の子が多くて、客もすっごく多かった。
ルーシーのメンバーも客が多くて驚いてたみたい。
あ、あとオシャレな女の子が多くて、友達になりたかった。(<ダメ人間)

ライヴは、ほんま予想以上によかった。
ジツはきちんと曲を覚えていかず、そんなに期待して行かなかったのだけど、
ルーシーの曲、アイコちゃんの歌のうまさにカンドー。
よかったー。
途中で、青いフリスビーいっぱい投げてたの、お約束みたいだけど、
それを知ってたらもっと前に行ったのに。残念。
あと、僕がイチバン好きな"Hello mate!"をやってくれなかったのも残念。
まぁ、冬の曲だからしょうがないのかなぁ。

他には、アンコールのときに3BI池水さんが出てきたのには驚き、かつうれしかった。
アノ人って、よくみれば、アルバムにも参加してるのね。
それと、前からちょっと気になってた、LD&Kの"HONEY SKOOLMATES"が前座でやってて、
それも見れたのがすっごくラッキーだった。
曲もなんかいいカンジ。
あの人たちのCDはなんと星型!
そんなん聞いただけで、そりゃ欲しくなるわ。


今日の交通費:河原町→梅田(阪急)390円×2、梅田→心斎橋(地下鉄御堂筋線)230円×2


6月13日(日)

また親から宅配便が届いた。
今日の目玉はスイカ!
ばあちゃんが僕に食べさせようと買ってくれた(?)みたいで、
電話ではそう聞いてたんだけど、小さめのやつかと思ってたら、
けっこうでっかいスイカだった。

さっそく冷やそうと思ったんだけど、もちろん冷蔵庫になんか入らない。
(ってゆーか、いっしょに送ってきたでっかいキャベツでさえ入るのがやっと。
うちの冷蔵庫は135リットルくらいで、別に小さくないのに。)
しょうがないから、風呂場でバケツにつけといた。

あとで、うちに来た後輩といっしょに食べて、
同じマンションの歩さんにもあげたんだけど、
まだ6月なのに、そのスイカ真っ赤で、だいぶ美味しかった。
日本の春を満喫。

あ、そうそう、その後輩に原始肉の話をしたら、めっちゃ行きたがってて、
今度いっしょに行くことに決定ー。

あ、それと、うちの親、スイカを送ってきたのはいいけど、
それといっしょに天ぷらまで送ってきてた。
"スイカとテンプラ"って食い合わせを知ってか知らずか。
そんで、今日もかつおぶし送ってきてた。
なんかいっつも入ってる。自分で買ったやつもあるのに。
だいたい、かつおぶしなんか、お好み焼きとかタマゴかけご飯くらいにしか
使わんから、あんまり減らんしなぁ。ま、よく人からもらうからなんだろうけど。
おかげで、うちにかつおぶしが50袋くらいあるんじゃないか?
かつおぶし天国、ただじゅん家。


ずっと探してて、ようやく出てきたCD:ホフディラン"多摩川レコード"
 (ベッドのしたから出てきた。エロ本じゃないんだから・・・)
marr
marr脇の知識
↑に書いてある“スイカと天ぷら”の食い合わせですが、
あれは江戸時代の話。昔は食材の流通経路が悪かったため
果物などが腐りかけのちょい前ってのがよくあったらしい。
で、油ものとスイカってのを一緒に食べた人がおなか壊して
広まったらしい*
ちなみにmarrは学生時代これ(食い合わせ)をテーマに
レポートを書きました。しかもその授業は環境の授業…
何の関係も無いのに、食い合わせって…バカ?


6月15日(火)

今日の1コマ目のドイツ語に出た後、2コマ目の比較経営組織論は休講なので、
サスケ(前、いっしょにTシャツ柄のTシャツをつくった総人の後輩)がやってる
フリマの様子を見に行った。
このフリマ、毎月15日に知恩寺で開かれてるんだけど、
ふつうのフリマと違って、出店してる店はぜーんぶ手作りのものだけ売ってるの。
服、陶器、木工製品、アクセサリー、パン、和菓子、漬物etcetcと、
すっごい多くの店が、いろーんなものを売ってておもしろい。
店を開いている人、買い物に来ている人の年齢層・性別もホントいろいろだし、
外国人もだいぶ多かった。日本人でも何人や、って言いたくなるよーな人も多いし。

で、サスケは自分で作ったネックレスやピアスなどを売ってたんだけど、
店の場所がどこか分からずに、探しに探してサスケの店に行ってみると、
「ただじゅんさ〜〜ん、これ〜」とか行って、指にアロン・アルファをくっつけて、
ぶらんぶらん振ってました。そんで、「リムーバー買ってきて」って言うから、
しょーがなしに、コンビニに買いに行ったんだけど。
客足はぜんぜん。場所が悪いって言うのもあるんだけど、時間がなかったから、
本当なら売りたかったTシャツを作る時間もなかったから、
小さいアクセサリーだけなんで、ちょっと目をひきにくかった。
今度はTシャツやポストカードも売ろうっと。

その後、雑貨屋さんにリエコチャンにあげるお土産を買いに行った。
お目当ては、香り付きのキャンドルだったんだけど、
めっちゃいいのが多くて、これも欲しいなぁ、あれも欲しいなぁ、
っていろいろと選んでたら、なんか3500円もかかった。ちょっと買いすぎ。

梅田で待ち合わせてたので、河原町から阪急に乗って特急で梅田へ。
でも、梅田ついてから相手が来るまでにだいぶ時間もあったし、
待ち合わせ場所をカンチガイしてたりとかもして、
出会うまでにだいぶ時間がかかっちゃった。
ケータイで連絡取り合ってたのに・・・

でも、無事に出会えたので、それからロフトに行って、
リエコチャンにあげるプレゼントを入れる箱や袋を買った。
いいカンジのが見つかったので、楽しみ楽しみ。
それから、おそばを食べて、バカ話ばっか。

あ、そんで、阪急HEP FIVEの観覧車に始めて乗った。
他の地方の人のために説明しておくと、 この観覧車は、
大阪の中心部梅田駅前の超一等地にある、
最近出来たビルの上に直径106m(だったかな?)の観覧車があるのです。
出来たばっかはめっちゃ人が並んでたけど、今日は10分くらい待っただけで乗れた。
夜の10時を過ぎていたので、夜景がきれかったー。
しかも、高かったー。いっぱいビルが立ち並んでるのを見ると、
"ああ、やっぱ大阪って都会だなぁー"なんて、いかにも田舎者なことを思った。

また乗りたいね。


今日のおいしかったもの:フローズンミルク(ストロベリー)


6月18日(金)

今日はうちの学校の創立記念日。

前日の午後10時50分に京都駅を出た夜行バスは、
予定より早く、翌日の午前5時45分くらいに新宿駅新南口に着いた。

そしたら、なんかめっちゃサムいの。
僕はTシャツ1枚だったんだけど、もう、サムすぎ。
"なんでこんなに寒いんだー。
長袖持ってくるつもりだったのに、忘れたのは痛かったかなぁ?"
とか思いつつ、この日はレコ屋めぐりをする予定だったけど、
もちろんまだ店が開いているわけもなく、
東京の友達に電話するにも早すぎるので、
仕方なく、近くのファースト・キッチンへ。

そこで、ベーコンエッグバーガーと、コールスロー、
それに、寒かったのでホットミルクティーを頼んだ。
そしたら店員が、僕をその後ろにいた団体の客の一人だと勘違いしたらしく、
後ろの人の分といっしょにトレーに品物を載せるので、
僕:「あ、別々なんですけど。」
店員:「はい、会計は別々ですよ。」
僕:「いや、全く別々なんですけど。」
そんなやりとりをして、店員が「あ、そうですか。」
なんて言って、新しいトレーに僕の注文した品物を載せようとした。
でも、急いでたのかしんないけど、そのトレーに、
ハンバーガー、コールスロー、って載せて、
ミルクティー(にする前のお湯が入ったカップ)を乱暴に載せたもんだから、
めっちゃお湯がサラダにかかるわ、ハンバーガーの包み紙が濡れるわ。
コールスローはフタがついてたからよかったんだけど、
ハンバーガーの包み紙はびしょびしょ。
それなのに、その店員、お湯で濡れたそのトレーを拭いて、
また、そのままそこにコールスローとミルクティーと、
さらに、そのハンバーガーまで置きやがった。
ミルクティーのお湯、減ったっちゅ―ねん!(<セコイ)
ハンバーガー、ビショビショやっちゅーねん!(<これは当然)
きちんと謝らんし、サイアク!
しかも、その店員がチーフかなにか、責任者の札をつけてることを僕は見逃さなかったよ。
ローソンでだいぶきちんとした接客態度を要求されていた僕にとっては、
そんな店員の態度が信じられんかった。
ほんま、あの新宿駅東口の南側にあるファースト・キッチン最悪ー。

といいつつも、最低10時を過ぎるまで動きようがなかった僕は、
その店で4時間半も粘ったんだけど。(笑)
途中で寝てしまうし。(笑)

この日は、そこでレコードマップをチェックしてから、
新宿と渋谷のよさそうなレコード屋を歩き回りました。
でも、特に収穫はナシ。
レンタル落ちのシングルCDを、ほとんど、480円とか400円とかで
売っているレコード屋があったし。
そんなの、普通は100円くらいっしょ。めっちゃ暴利ー。
あ、でも、西武新宿駅ぺぺのレコファンに行ったら、
フリッパの再発じゃない方のシングルが450円で売られてた。
"フレンズ・アゲイン"と"グルーヴ・チューブ"と"ラブ・トレイン"。
その前に、ディスクユニオンで2000円で売られていただけに、
余計に得した気分で、ニコニコ顔で3枚とも購入。
あなどれんな、新宿ぺぺ。

そんで、この日は渋谷もうろちょろしてたんだけど、
あまりにも寒すぎた。
だって、気温16度とかだったもん。
みんな、コートとか長くてあったかそうなの着てたし。
おかげでお腹痛くなった。
バスでほとんど寝れんかったし。
けっこうツライ1日でした。

夜は、慶応にいってる友達の家に泊めてもらう約束をしてたので、
川崎(新丸子)へ。
もう1人、東京にいる高校の同級生も、その友達が呼んでたみたいで、
みんな久しぶりに会えてうれしかった。
部屋はめっちゃ汚くて、もう泊まりたくないけど。(笑)


でも、トイレの設備に感動したとこ:ファースト・キッチン


6月19日(土)

とうとう今日は、東京遠征のメインイベント、
ってゆーか、このために来たんだー、ってカンジのラウンドDJ@原宿HMVの日。

10時の新幹線で着いたユミさんとうろうろして遊んでから、
午後2時に待ち合わせしてたユウコさんと、その友達のカエちゃんと出会う。
マンゴジュースやベトナムコーヒーを囲んで、
挨拶したり、テキトーにダベって時間を過ごした。

DJは3時からの予定だったんだけど、ユウコさんから4時からって聞いて、
"なんでだろー?"って思ったけど、DJブースの隣りでミニライヴみたいなんを
していたのを見て、納得。
それを横目で見ながら、DJブースの真ん前で待ってたんだけど、
10分前になってもラウンドを見に来てるらしき人はほとんど見えなかった。
そんで、隣りの演奏が終わったんだけど、
「2部は4時半からです。」なんてアナウンスに「え?」とかって、
一瞬、不安を覚える。

そしたら、4時を少し過ぎて、人もだいぶ集まってきた頃にリエコチャン登場ー。
グレーのカーディガンを着て、少しパーマをかけた髪、
茶色のサングラスが大人っぽーい。かっちょえー。

そんなことを思ってたら、やっとリエチャンが話し始めた。
「こんにちは。ラウンドテーブルのリエコです。」
「毎月やっているこのDJも今日で4回目です。」なんてカンジで。
そしたら、「今日はなんか、このDJを見るために、
関西からわざわざ来てくれてる人がいるみたいで。」なんて言ってくれた。
「それオレたちやーん。」みたいなカンジで、
「ワー」なんて、ブースの真ん前でめっちゃ手を振る僕とユミさん。
そしたら、リエチャンもめっちゃ手を振り返してくれた。
でも、周りの人に笑われてちょっとハズカシイ。
たぶん、その前の前の日に、マキさんがステッカーを作る件で、
キタガワクンと電話をしたときに、
「関西からDJのために、来る人がいるよ。お土産いっぱい持ってきてくるらしいよ。」
なんて話をしてたらしいから、その話がリエチャンにも伝わってたんだと思う。
キタガワクンは「わざわざ来るほどのもんじゃないのに。」なんて言ってたらしいけど。(笑)

リエチャンが最初の曲をかけてる最中に、キタガワクン登場ー。
でも、ブースに入らずにしばらく相棒の仕事ぶりを観客に混じって見ていたのでした。
周りの人たちがくすくす笑ってた。

それからは、もうよく覚えてないけど、6曲くらいかけたのかな。
ニュー(ミニ)アルバム"Big Wave'72"からは、
"Let's go to the beach"と"ちびっこカウボーイ駆け出す"(みたいな名前の曲)
をかけてた。
"Let's〜"は始まりがめっちゃビーチボーイズみたいなの。
中身は、ほとんど"Let's go to the beach"の繰り返し。
「まんまやん」って突っ込んでしまったけど、いい曲。気に入った。
"ちびっこ〜"はリエチャンヴォーカルのカワイイ曲。
CDできちんと聴くのがスゴク楽しみ。

でも、4時半から例の、隣りでやってたバンドが演奏再開して、
ぜーんぜん聞こえなくなった。
しょーがないから終了ー。
めっちゃムカツクわー。
ってゆーか、どうなってんの?HMV。

リエコチャンが出てきたところで、前から用意していたお土産を渡す。
カワイイ人形5体セット、それとお揃いの指人形3個、
香りつきキャンドルを全部で4個、火をつけると香りが出るマッチ、
あと、ドミノキーホルダーとか。
それらと手紙をキレイに箱に入れて、袋に入れてあげた。
あ、それに、京都をアピールするために八つ橋も。

「これ、お土産です。」って渡したら、
「わー、ありがとう。もらっちゃったー。」なんて、キタガワクンに報告。かわいい。
そんで、握手してもらって、写真も撮ってもらった。
サインしてもらおうと思ってた"DOMINO"をコインロッカーに忘れたきたので、
マキさんに貸す予定だった"fancy fantasy"っていう、
ジャイアントロボットレコードのコンピ第2弾(ラウンドは"COOL CLUB RULE"と
"自転車でGo!"が収録されてる)のジャケにサインしてもらった。
リエコチャンは「これ持ってるんだー。」なんて言ってた。
もちろん持ってるって。
名前も聞いてくれて、ちゃんと、"タダジュンくんへ"って入れてくれた。

そして、キタガワクンにも「名前入れてあげて。」って言ってくれて、
キタガワクンもサインしてくれた。
そんで、MLを公認にしてくれー、とか
そのオフ会来ないー、とかバカなお願いをしまくった。
でも、僕はその後に、ウチコガ誕生会があるのを忘れてたんだな。
だから、もちろんオフ会は断られた。当然。
でも、「その後、どっかのクラブ行くから、よかったら来ない?連絡するから。」
みたいに行ってくれたんだけど、今日の夜のバスで帰るって行って、断った。
行きたかったなー。

リエコチャンは想像通り、やさしくてかわいかった。
キタガワクンも予想通り、愛想悪かった。(笑)

そこでは、ウチコガ誕生会に出席する人がたくさん来てたこともあり、
ジュンくん、TOKIさん、voxくん、marbleさん、ウーさん、なおさん、
その他にもたくさんのネットでの知り合いの人に会えてよかったー。
来るって聞いてたけど、会えなかったMLの人がいたのは残念だったけど。

そのあと、小人数で行ったオフ会(?)も楽しかったし、
ホント、わざわざ行ったかいがあった、東京遠征だった。
特にユウコさん、いろいろありがとう。
2×歳に見えないくらい、若くてかわいかったよ。
すごくいいひとだった。
新宿駅のホームで別れるのが寂しかったー。
また、遊ぼうね。


今日行ったカラオケ屋:ビッグ・エコー表参道店
マキ 
なんか私の名前2回もでてるじゃん...。オフィシャルにも。
CDサンキュー!2枚目のがよかった。
サインもいいね。カウボーイ>かっちん(でも名前ナシ)
クラブ誘われたの?もったいなーーーい。
すんごーーい豪華だったのに。
ラウンド ルーシー 池水さんDJ(ちゃんとした)だったのに。
ラウンドはたつろう(原曲のほう)かけてみんなで踊ったりしたのに。
コニカモ華子ちゃんまで来たし。かわいすぎ、Love。
オフ会行けませんでした。ごめん。
でも誕生会楽しかったよ。


6月28日(月)

5コマ目は"情報探索入門"ってゆー、めっちゃパソコンとかを活用して、
情報を得る授業の講義だった。来週は実習。

で、その授業終わって、教室から出てきてよっちゃん(僕のチャリンコ)に乗ったら、
香奈と出会って、ジュースでも飲もうかー、なんて中央購買へ。
僕はアクアブルガリアを、香奈はミルクティーを買って、
うちの大学のシンボルである時計台のところにある、大きな木の下で飲みながら話してた。
香奈のお母さんは、今東京にいるんだけど、僕に1回しかあってないのに、
やけに僕を気に入ってくれてるの。何でだろ。
でも、"香奈のお母さんってちょっと変わってるよねー"って僕がこの前香奈に言ったのを、
お母さんに言ったらしくて、お母さんが"ファンなのに・・・"って悲しんでたらしい。
これで、また1人ファンを減らしたな。

でも、昔から、やけにおばはんに人気がある僕。
友達のお母さんとか、学校の歳くった先生とか。
うちの娘と結婚して、とかいう話をけっこうされるし。
何でかな?礼儀正しい、好青年(笑)っぽいからか?
かわいいとこがあるからか?
んー、わかんないけど。

ま、そんなことはどうでもよくて、そうやって香奈と話してたら、
法学部や文学部の友達が向かい側にいることに気がついた。
で、行ってみると、"この人行商人だって"とか言うので、
何かと思ったら、自分の書いた本を売りに来てるおにいちゃんだった。

名前はなんて言ったっけ?飯野なんとかだったと思う。
僕は直接話しなかったからよく覚えてないけど。
その本は一行物語っていう、詩みたいなホントに短い文がずらーっと載ってた。
けっこうよさそうだった。

その人は大学を中退して文学で食っていこうと思ったらしく、
新聞にもけっこう載ったりしてるみたいで、斎藤由貴が"私の一冊"みたいなので
オススメしてた記事も見せてくれた。ふーん。
僕は、表現手段としての文学って、そんなに興味がないのでよく分からないけど、
文学部の友達とかとは何かおもしろそうに話してた。
そのうち、すっごくメジャーになるかもね。

でも、大学中退かー。
うちの大学の近くに住んでるので、たぶんうちの大学に来てた人なんだろうな。
やりたいことがあって、そうやって踏ん切りをつけられるのはうらやましい。
もちろん、踏ん切りをつけなければいけないシチュエーションなんてのは、
よっぽどじゃなければないし、踏ん切りをつけることが必ずしもいいことじゃないのも確か。

あ、そうそう。
そのとき、友達がなぜかタバスコを口にくわえたりしてたの。
僕は別になんとも思わなかったんだけど、本人は、
"タバコとタバスコ間違えた!"
なんてネタをやっていたらしい。
昨日の夜思いついて、温めていたネタらしい。
バカばっかだ。(笑)


今日の天気:くもり


6月29日(火)

今朝、そういえばフリッパーズの夢を見た。
なんか、前住んでたうちの家に小沢と小山田が来た。
どうも困ってそうで、ヒマそうだったからおもてなしをした。

僕はここぞとばかりに、ふたりと写真を撮らせてもらったり、
サインをもらったりした。
で、ごはんとかもあげたのに、ふたりともあんまり僕に興味を示さなかった。
だって、名前も聞こうとしないんだもんなー。
で、ダラダラと一晩を過ごして、小沢は先に帰っていった。
別れ際も、別に何も言わずに帰っていったよ。
ってゆーか、何か物思いにふけってるってカンジ。
どうしたんだー、小沢。

でも、小山田はまだうちの家にいようと思ったのか、
小沢が帰った後もうちにいたんだよ。
何もしゃべらないんだけど。
で、僕といっしょに、向かいの家の畑を耕す手伝いしたりしてた。
何じゃ、この夢ってカンジ。

で、現実には、明日がフリッパーズのトレジャーコレクションの発売日だったので、
今日、大学生協にもうはいってるかなぁ、と思って行ってみた。
そしたらやっぱりあったので買ってきたんだけど。
んー、おもしろくないなぁ、ってのが正直な感想。
音源は今までに出てるものと全く同じ。
しかも、谷村新司とか他のアーティストと統一されたデザインなので、
ジャケットも今までに出た4枚のジャケの写真を貼りつけてるだけだし、
歌詞カードなんて、ホントに無機質に歌詞が並んでるだけ。
デザインも何もあったもんじゃないよ。
英詩か日本語詩か、歌ってる方でしか歌詞が載ってないし。
3ヶ月限定生産だけど、別に買わなくていいんじゃないのー?
まあ、2548円の15%引きだったから、まだよかったんだけど。


今日の晩ご飯:俺の塩(98円)