6月21日(木)

全くフツウの木曜日なんだけど、
関西の内定者と人事担当の社員の方とで物件見学会に行くことに。
1時半に大阪支店集合ってことで、いつものように、
京阪で淀屋橋まで行って、そこから四つ橋線の本町の方まで歩く。
歩く距離は地下鉄でいうと3駅くらいあるんだろうけど、
御堂筋線や中央線を1駅だけで乗り継ぐなんて、
時間もお金もかかってやりたくない。

でも、乗ろうと思ってた特急にタッチの差で乗り遅れ、
1時半までに行けるかどうかギリギリに。
タクシーに乗ろうかとも思ったけど、走る走る。
なんとか、1時28分くらいに着いたけど、
暑い中スーツで走ったので汗だく。
もちろん、関西の内定者の他の2人(共に同志社)は来てました。
あまりにも汗をかいてひどい様子だったので、みんなに笑われた。

少し雑談をして、落ち着いてから、
まず初めの見学場所の大阪国際ビルへ。
タクシーですぐ。(堺筋本町近辺)

このビルは初めてだったんだけど、カナリ有名なビルらしい。
東京で言うと霞ヶ関ビルみたいなもんで、建てられた昭和48年当時は西日本で最も高いビルで、
たぶん大阪で初めての超高層ビル。
まぁ、32階程度なんだけど。

白くて大きいビル。
1階にはスタバと紀伊国屋が入ってて、へーっと思う。
企業はミノルタの本社やらトーマツやらが入ってるみたい。
さっき大阪支店にいるときに、
「大阪国際ビルという、うちが管理してる物件に行きます。」
って言われたから、
「で、このビルの持ち主は誰なの?」
なんて疑問を感じつつ、18階の管理事務所へ。

そして、そこでこの物件を担当している2人の社員の方にいろいろと説明して頂く。
このビルの概要、設備、具体的な仕事内容。
そして、このビルは「証券化」されているビルらしくて、それについての話も聞く。
「不動産の証券化」っていうのは何年か前からの不動産業界の非常に重要な課題で、
もちろん就職活動していた僕は、その証券化の話も幾度となく聞いてる。
でも、今回は具体的にこのビルの運営形態、契約・資本関係を伺うことが出来て、
イメージしやすくなった。

このビルは一部が証券化されているわけで、
形式的にはうちの会社の完全な持ち物じゃないかな。
実質的にはそうなんだけど。
そもそもこのビルをうちの会社が買ったのは2年半前らしく、
それから証券化して、いろいろとテコ入れもして、
今では証券化された物件の中でも最高年利23%という超優良物件になったそう。
ほえー。

「入居率はどれくらいですか?」
という質問のときに聞いた話。
普通は入居率が高ければ高いほどいいと思いがちだけど、
このビルは95%くらいが最適と考えているそう。
というのも、まわりに建っている新しいビルに比べて1坪当たり数千円も
賃料が高いらしいんだけど、それでも入りたい、お金が払える優良企業が多いので、
その会社が事業拡大をする際に他にフロアが欲しいと思ったとき、空きがないと
もっと広いビルを求めて退去する可能性がけっこう高いみたい。
だから、現在は98%なので、
もう少しヨユウを持たせたテナント構成を考えないといけない、という話。
けっこう目から鱗ってカンジの話でした。

30年も前に建てられたビルだと、
様々な設備が現在の仕様に追いつかない気もするんだけど、
次々とリニューアルしているそう。
個人的には通信設備の状況が気になりました。

一通り話を聞き終えると、残り少ない時間で見学に。
まず行ったのは空きフロア。
去年鳥取で大地震が起こった時、壁に大きなヒビが入ったらしくて、
それを実際に見ると、「大丈夫か?」と思ったけど、
柱や外側の壁じゃなくて、隣のフロアと簡単に仕切っているだけの壁だから
全く構造には影響ないみたい。
そりゃそうじゃないと大騒ぎだわな。

次に行ったのは32階の展望室。
まさか展望室があるとは思わなかった。
実際、もう20年近く閉鎖されてるらしいけど、
当時は西日本一の高さだったことを考えると、展望室があってもフシギではない。
31階までエレベーターで登って、階段で32階へ。
カギを空けると、そこには360度のパノラマ。


梅田のHEPの観覧車や大阪城がこんなに近くに見えるもんなんだねぇ。
デジカメで写真を撮ってたら、いきなりデータが全部消える。ショック。

その展望台でここの見学は最後。
次は地下鉄に乗り入れてる阪急千里線に乗り、南千里まで。
さっきはビル、今度はマンションなのです。
もう完売してしまったらしいけど、来春完成予定の
ヒルズ北千里古江台のモデルルームへ。

少し前に販売は全て終わったので、
今はほとんど人がいないんだけど、ここでも社員の方にいろいろと説明をして頂く。
実際にモデルルーム見学に来た方と同じような順番で。

まずはPCでゲスト登録。なんだけど省略。
紙に書くんじゃなくて、わざわざここのマンション販売のためだけに、
こんなシステム作るんだなぁ。
そして、次はシアタールームへ。
なぬ?最近のモデルルームってこんなのがあるのか。


ここで5分少々のPVを見る。
こんだけCG使ってたら、めちゃめちゃ金かかってそうだ。
最近のマンション販売は、1つの物件のためだけにこんなのするのか。
まぁ、それも営業力の1つか。すげーなー。
単純に驚いた。

そのイメージビデオ(DVD)を見終わると、
横の戸がガラっと開いて、「コチラへどうぞ。」
そこにはマンションを中心とした街の模型があって、
何の施設か、いつ作られた建物かが書かれてる。
その隣の方の模型はマンションの構造が分かるようになってるもの。
 

そして、マンションからの眺めとなるであろう写真をパノラマで貼ってあったり。
手間と金がかかってるよなぁ。
街の模型の方だけで400万だって。そんなかかるのか。

そして、二重床などのウリになってる構造の実物模型や
住宅選びのポイントが書かれてる廊下を通り、
次は2階のモデルルームへ。


モデルルームは2通り用意されてたんだけど、まずはこっちの方へ。
リンク先を見ると分かるように、こっちはだいぶ広めのタイプ。
値段も相場よりは若干高め。

なんだけど、さすがに値段なりのグレードだと思った。
玄関は明るくて広くて、収納も充分。入口の横にクロークも付いてるし。
ベッドルームもLDKももちろんいいと思ったんだけど、
個人的にはトイレが広めなのが気に入った。
通常より何センチって言ってたかな。
たぶん10〜20センチは幅広なハズ。快適。
でも、部屋の場所にもよるけど、基本プランでも6000万とかするんだよなぁ。
それが短期間で売れるんだか、みんな金持ちだねぇ。

いろいろと質問しまくる。
ベツに買うわけでもないんだけど、興味は尽きない。
個人的には昔から気になってた、
「モデルルームは実際のマンションと同じ材質、同じ構造なのか?」
「モデルルームに置かれてるモノは終わった後どうなるの?」
ってことを訊きたくて、質問する。

前者は、全く「yes」。
まぁ、そりゃそうか。モデルルームなんだから、
それなりのモノを提示しないと、お客も納得しないというか、
品質がよく分からないだろうから。
後者は、予想通りというか、担当者たちで山分けしてるらしい。
といっても、ソファやベッドの大きな家具は使い回しなので、
ワインとか鉢植えだとか、そういうのをもらって帰るんだってさ。

そんなちょっとバカな質問をしつつ、次のモデルルームへ。
全145戸のうち、さっき見た4LDKのタイプってのはほんのわずかだから、
3LDKのこっちを見る方がほとんどの人にとって現実的だろうな。

あ、その前にキッチンやら玄関ドアやらのモデルが並べられてた。
基本となるドアの色は4色から選べるらしい。


部屋割や壁紙などの変更、オプションの決定などはどこのマンションでもやってるけど、
一応、野村不動産はオーダーメイドマンションっていう
一から全く自由に住まいをデザイン出来るマンションが好評で、ウリになってる。
このヒルズ北千里古江台はフツウのマンションだけど、
オーダーメイドマンションが出来る過程なんかも見てみたいなぁ。
みなさん、うちのマンション(まだ入社してないけど)にお見知り置きを。
1人2、3戸買ってください。よろしく。

んで、3LDKの方のモデルルーム
こっちは急に現実に戻されたカンジがしないでもない。
もちろん設備はいっしょなんだけど。

こっちの方は和室をつけているタイプだった。
和室→洋室の変更や、和室の部屋を狭くしてLDKを広くするっていう
こともカンタンに出来るんだけど、若い人たちでもやっぱ和室は欲しいって人がけっこう多いみたい。
畳が入ってる分、ジツは和室の方が値段が高いのでお得(?)かもしれないし。
んで、とうとうこの物件では食器洗浄機がオプションじゃなくて、デフォルトでついてくるらしい。
もうそこまで一般的になったのかぁ。

そんなこんなで2時間ほどいろいろと案内をしてもらって、
帰り際にはパンフレットを何冊かもらって大満足。
少なくとも新入社員のうちは、おそらくこういう販売も経験しないといけないんだけど、
僕もちゃんとした知識をつけて、お客さんに信頼されて、喜んでもらえる接客が出来るようになりたいなぁ・・・
とりあえずは、今年の10月の宅建の試験をがんばらないと。

モデルルームを後にしてからは、
阪急で梅田まで帰って、東通商店街へごはんを食べに。
案内してくれた人事部の社員の方も、あとの2人の内定者も
大阪には詳しくなかったので、僕が先導することに。
なんでも食べたいものを食べに行こうってことだったので、焼肉を食べに。
久々の焼肉だったし、肉も野菜もビビンバも韓国のりもお酒も、
好きなだけ飲み食いできたのでよかったんだけど、
途中、ロースターの故障で店の中が煙に包まれて(炭火だった)タイヘンでした。
みんな泣きながら焼肉をパクついてた。
なぜか僕だけ平気だったんだけど。

んで、社員の方は9時頃の新幹線で東京に帰らなければいけなかったから、
8時半過ぎには梅田駅でみんなと別れる。
本当におつかれさまでした。


今日のお酒:生中と冷酒とカシスオレンジ