7.潜入!?山パンバイトの巻

今日、7月8日木曜日、1年ぶりの単発バイトをしてきました。バイト自体も、2ヶ月前にローソンとカテキョウをやめて以来。さすがに生活が苦しくなってきたので、とうとう働きに出たんです。そのバイト先は、山崎製パン、通称山パンです。山パンバイトは、うちの大学では(おそらく、まわりのほかの大学でも)めっちゃ有名なバイト。学相(学生相談所;学生にアルバイトを紹介してくれる機関)でも毎日のようにボシュウしています。

なぜ有名かというと、その単純労働に気が狂う人続出(というウワサ)だから。昼の部と、深夜の部があるんだけど、8〜10時間くらい、ずーっと単純作業。例えば、柏餅の柏の葉にもちを入れるだけ、とか"まるごとバナナ"に使うバナナの皮をひたすら何時間もむきつづけるだけ(笑)、とか。 そんなウワサのバイトなので、僕も学生時代に1度は経験しておこうと思い、あまり気が進まないながらも今回行ってきました。

時間は午前8時30分から午後6時までと、けっこう早かったので、僕は家を7時すぎに出ました。工場は宇治にあるので、電車を使わねばならず、しかも、工場が最寄の駅から遠いから、早く出なければならなかったの。電車に乗って、最寄の駅について、工場の方に歩いていくと、早くもパンの原料のような、薬のような匂いが周りに漂ってたので驚いた。で、工場について、説明を受けたあと、制服に着替えさせられた。そこで、またまたロッカーの多さにビックリ。男子正社員用のロッカーだけでいくつあるねん!ってカンジ。何百個もずらーってロッカーが並んでたもん。

僕の担当は洋菓子だったんだけど、やった作業を思いつくままに並べてみます。作業は全部、ベルトコンベアを使った流れ作業。

 ○ケーキのスポンジについている紙をはがし、機械に入れるだけ
 ○デコレーションケーキのいちごを並べるだけ
 ○番重(コンテナみたいな容器)に紙を敷いていくだけ
 ○ベルトコンベアで送られたて来た番重を積んで行くだけ

他には、ゴミを捨てに行くとか、冷蔵庫や冷凍庫に材料を取りに行くとか。

でも、イチバンきつかったのが、ワッフルとプリンシュークリーム。ワッフルは前の人が4つに切ったワッフルの切り口を揃えて、2段重ねのワッフルを2セット作って行くの。これは他のに比べて楽だったんだけど、何がイヤかと言うと、その量。どんどん次から次へと流れてきて、何万個というくらいのワッフルを並べさせられた。何万個!相当長い時間。しかも、品質をチェックしながらだから、すっごいしんどかった。もう、一生分のワッフルを見たよ、ってカンジ。

そんで、もっときつかったのがプリンシュー。切ったシュー皮にプリンを載せていくんだけど、それにもコツが必要で、しかもめっちゃ速いスピードで流れてくるので、ぜーんぜん間に合わない。これも、何千個ものプリンを入れたよ。もう、一生分のプリンを見た、ってカンジ。まあ、みなさんも、ワッフルの方向を揃えたり、プリンシューのプリンを入れる機会があったら僕を呼んでね。めっちゃ上手くなったから。そんな機会なんかゼッタイないけど。(笑)

あー、文章では、このつらさが全然伝わんないや。もう、とにかくしんどかったの。8時間立ちっぱなしで、歩くこともほとんどないから。トイレなんて行ける雰囲気じゃないし、チラっと時計を見ることさえも出来ないくらいに、仕事をしていかなければならないし。あ、そんでそんで、めっちゃ社員のメガネのやつがむかついた。めっちゃ偉そうに怒鳴りまくりやがって。バイトなんで勝手なんか分からないから、「何をしたらいいんですか?」って聞いたら、「ベルトでも拭いとけ!」とか怒って怒鳴るし。おいおい、メガネ!なんで、仕事聞いて怒られなあかんねん!何も分からずぼぉーっとしとくんがいいんか!ぼけ!!めっちゃむかつくんや、メガネ!!お前こそメガネでも拭いとけ!!しかも、若い女にだけは愛想よく話してるってどーゆことや!メガネメガネ!! ってカンジで、普段あまりムカつかない僕をキレさせてくるメガネもいたのでした。もう、サイテイ。

でも、面白いこともあった。昼過ぎだったと思うけど、構内放送があって、
「ドーナツ課の平松課長。ドーナツ課の平松課長。」
なんて呼び出ししてるの。なんか、かわいいー。僕の"ドーナツ課の平松課長"の想像図は↓こんなカンジ。




あと、昼ご飯の時、パンは食べ放題だった。ごはんもすごく安かった。学食の半額くらいだった。安すぎ!

他に思ったことといえば、若い女の子がやけに多かったこと。もちろん、パートのおばちゃんみたいな人も多かったし、マスクと帽子してるから目の辺りしか見えないんだけど、僕らと同いかちょっと上くらいの女の子が多かった。よくあんな仕事をずっと続けてるよなぁ。ドラ焼室ってのもあった。ドラえもんを連れて行ったら、めっちゃ喜びそう。

まあ、そんなカンジで終わりの18時になったときには、足ガクガクで、メガネに対するむかつきだけが残っていたのでした。これで時給が800円。もう、学生時代に1度は経験しておいたんで、もういいや・・・早く定職探そ。  >